サッカー好きな院長の腰痛ブログ あなたの腰が危険です。

サッカー好きな腰痛治療家が腰痛改善策を伝えるブログ

岩手県滝沢市のサッカー好きな院長が、患者さんに蹴られた結果・・・

f:id:takicyu:20170331234152p:plain

 

f:id:takicyu:20170331234228p:plain

こんにちは!

 

患者さんに蹴られて喜んでいる

サッカー好きな腰痛専門家の堀井です。

 

治療は真面目にしますので

あしからず。 

 

 

ぎっくり腰は、重いものを持ちあげたときに起きるイメージありませんか?

 

「よいしょ!」

 

「ピキっ」

 

「あ!動けない」

 

特に、

スポーツをやっていなくて起きるのですが、

スポーツ選手にケガはつきもの。

サッカーも例外なく。

 

  • 足首
  • ひざ 
  • 股関節

 

 

野球などの上半身を使うスポーツと違って足腰をよく使うので、

上記のケガが多い。

 

そこで

サッカーで、なぜ腰の痛みが起きるのかを解説します。

 

たとえプロ選手であろうが、社会人であろうがプレー中のぎっくり腰は起きる。

 

現に、

浦和レッズ梅崎司選手は、シーズン以外で子どもたちと遊びで

ボールを蹴っていて腰を痛めたニュースもあるくらい。

 

あの

日頃から気をつけているプロ選手でさえ、痛めるのであれば

私たちなら、なおさら気をつける必要がありますよね?

 

きっと梅崎選手も、子どもたち相手だから

アップなどをあまりしなかったのかな。

 

もし間違っていたらすいません。

 

そして

梅崎選手が腰を痛めた原因として

 

これが考えられる。

 

それは…

 

 

 

股関節が硬かったのではないか

 

なぜなら、

股関節の周りに付いている筋肉は、

骨盤に付いているので、股関節が固くなることによって

骨盤がスムーズに動かなくなります。

 

 

 治療家の方であれば、股関節の硬さが腰痛に関係しているのは

知られている事ですが、

これを患者さんが理解するのは簡単ではないかな。

 

初めは、みなさん不思議そうな表情をされますが、

 

私が今まで経験してきて、

そこを理解していただけると、

患者さんとの信頼関係が生まれて

ぐっと治療効果が出やすくなるんです。

 

 

 

ただ

何度も同じ痛みを繰り返す人は、本当の原因がわからない…

 

中には、

『歩いている途中に違和感がでて…』

 

『それから段々ひどくなってきたんです。』

 

という人もいらっしゃいます。

 

これでは

ご本人の中では、原因が見当たらない。

f:id:takicyu:20170330184147p:plain

 

だから、繰り返す痛みに悩む…

 

そうなると

いつ痛めるのか不安で好きなサッカーをすることが恐怖に変わる事もあります。

 

どうせなら

不安を抱えずに思いっきりプレーできればうれしいですよね?

 

 

 

もちろん急に痛めることも

 

きっかけとしては、不慮の事故も考えられます。

・ジャンプしてからの着地時

・横から急にぶつかられた時

・キックをした時

 

それでも

避けられるケガは防ぎたいですよね?

 

 

 

 どうしても

「腰を痛めたから腰が悪いんですよね?」

 

「体が硬いんですよね。」

 

という会話になりがちです。

 

確かに

腰を痛めているということは、

腰にも多少の原因はある。

 

それに体も硬いんですよね。

 

ただ、硬いにして全体が硬いのではなく

どこがどう固くて腰に負担がかかっているのか理解しながら考えたほうが

改善は早いし、再発も防げる。

 

 

 「どうして腰を触ってないのに痛みが消えるんですか!?」

 

とか

 

「体ってつながってるんですね。」

 

というお喜びの声をいただきます。

 

その時は

「よかったですね」

って冷静に返しますが、

 

心の中では

 

実は、ガッツポーズ決まるくらい喜んでるのは内緒。

f:id:takicyu:20170330122406p:plain

 

この治療の方法を知る前は

たくさん悔しい時期もありましたが、

今ではたくさんの笑顔をいただけて私もうれしくなっちゃいます。

 

もしかして

繰り返す腰の痛みは股関節が原因かもしれません。

 

原因がわかれば簡単。

 

あなたも不安を抱えずにサッカーがプレーできる腰を手にいれちゃいませんか?

takizawaseitai.com