サッカー好きな院長の腰痛専門治療院のブログ

サッカー好きな腰痛治療家が腰痛改善策を伝えるブログ

お子さんのサッカーが上達しない原因は…ママだよって知ってました?

どうもです。

 

昨日久しぶりにボールを蹴ったら

軽い筋肉痛に襲われている

サッカー好きな院長

腰痛専門家の堀井です。

 

本日もブログをご覧いただきありがとうございます。

 

さすがに34歳になってウォーミングアップもしないで

やると筋肉痛になるんだなと実感しました。

 

歳取ったな…

f:id:takicyu:20170404132954p:plain

 

 

さて、

ねえねえ、そこのお母さん。

 

あなたのお子さんってサッカーされてますか?

 

上手ですか?下手ですか?

 

上手ならいいですが。

 

そして、

こんなこと考えたことありません?

 

練習を見学していて

頑張っているわりに、

 

「なんでうちの子は、試合出れないのかしら?」

 

とか

 

「他の子に比べてボール扱いがあまり得意ではないのしら?」

 

子どもの前では言えないけど、

悩んだお母さんいますよね。

 

実は、

サッカーが上達しない理由として

 

「お母さん」

 

が関係しているかもしれない。

 

え?

なんで私?

 

 

その理由は…

 

他の子と比べてはいませんか?

 

「なんでそんなこともできないの!?」

 

「〇〇くんはできるのに!」

 

「もっと頑張りなさい!」

f:id:takicyu:20170404133756j:plain

 

 

 

など、

サッカーが上達して欲しい気持ちはもちろんわかりますが、

お子さんによってスポーツの実力差があるのはあたりまえ。

 

全員がうまかったら苦労しないですから。

 

これは

サッカー知らないお母さんにみられがち。

 

(いやいやこっちは十分頑張ってるっつうの…)

(なんもサッカーのこと知らないのに…)

f:id:takicyu:20170404133050p:plain

 

 

そこを無視して、

なんでできないの?

 

と、言われてもお子さんも分かるわけがありませんよね。

 

自分がもし、

旦那さんに

「〇〇さんのお母さんは料理があんなに得意なのに

  なんでお前の料理はおいしくないの?」

 

って言われてたら腹立ちません?

 

それと同じで、

頑張っているのであれば、たまには褒めて欲しいのが本音。

 

 

 

私は、親に見られるのが嫌で

試合の後に

「あのプレーは…」

 

なんて会話が好きではありませんでした。

だから、

 

親に

「試合は見に来ないで!」

 

って言ってたんですよ。

 

それに、

見られるのが恥ずかしいという気持ちもあった。

 

でも今は、もっと応援に来てもらえばよかったな。

 

子どもを応援したくない親なんているわけないですからね。

 

 

 

 本当にサッカー好きでやってますか?

 

 

中にはそこまでサッカーが好きでやっていない子もいるのではないかな…

 

サッカー好きな親に無理やりやらされたりね。

 

「お前は将来プロになりなさい」

 

なんて、

そんな簡単になれるわけないよ。

 

親の考えを無理やり押し付けられるほど、

反抗して嫌いになります。

 

そもそもスポーツって好きで上手になりたいから

 

「自ら練習する」

 

姿勢がないと成長しないし、長続きしないから。

 

中学生になってヤンキーになったら困るでしょ?

 

f:id:takicyu:20170404133138p:plain

 

見守ることが大事。

 

子どもは否定されてしまうと、

自信を失ってしまいます。

 

できない、できない

 

を繰り返し聞くと

 

「俺ってできないんだ、ダメなやつなんだ」ってなる。

 

結果としてサッカーを嫌いになってやめてしまうかも…

 

 

どうせなら

 

子どもから

「今日ね、ドリブルで1人かわしたの!」

「リフティング100回できた!」

「監督に褒められたの!」

 

などの

会話をしてきてくれるとうれしくないですか?

 

そして

それを褒めてあげてると尚更いいですよね。

 

 

そうなると、

お子さんは

またお母さんに褒められたいから

やる気スイッチが入って

自ら頑張るように結果として上達します。

 

それでもね、

努力が必ず報われるわけではないですが、

その頑張りは将来必ず役に立ちますから。

 

 

 

口を出したくなる

お気持ちはわかりますが、

 

試合の日は

おいしいお弁当をつくってサポートしてあげたり、

 

試合の後は

「お疲れ様」

 

ぐらいにしてあげてくださいね。

 

 

最後に

 

腰痛治療も同じですが、

「痛い、痛い」

が、口クセになってしまったり

 

「治らない」

と考えこんでしまうほど

身体は治らないもの。

 

なぜなら、

脳が感じたことはそのまま身体に影響するから

骨盤のゆがみを作るんですよね。

 

でも、

この骨盤治療があなたの体を治す第一歩ですよ。

 

takizawaseitai.com