サッカー好きな院長の腰痛ブログ あなたの腰が危険です。

サッカー好きな腰痛治療家が腰痛改善策を伝えるブログ

知ってた?腰痛とスローインにはこんな関係があるって

 

どうもです。

 

岩手県滝沢市で腰痛ヘルニア専門の整骨院を営んでます

サッカー好きな院長の堀井です。

 

本日もブログをご覧いただきありがとうございます。

 

 

あなたにとって嫌な選手ってどんなプレーしますか?

 

サッカーは相手の動きを読んで先読みしないといけませんが、

こちらが予想していない

イヒョウをついたプレーされると嫌ですよね?

 

得意に、

私はDFだったので、フェイントでひっかけられるのが、

大嫌いでした。

 

「あっ!」

 

っとなった瞬間にはもう抜かれている…

 

腹たちますよ。

ほんと。。

 

ですが、

わかっていても止められない、

 

相手が

「もう勘弁してよ」

 

って「ため息」がでるプレーがあるの知ってます?

 

もしかして

これができたら、

特徴のない普通なプレーヤーのあなたでも

明日から

即効でレギュラーになれる。

 

そんな方法があったら最高じゃない?

 

 

 

たまたまサッカーの動画を見ていたら

目に入ってきた動画があったんです。

 

f:id:takicyu:20170410162352p:plain

 それはね…

 

 

スローイン

 

ん?

スローイン

 

 

スローインってキーパー以外の選手が唯一手が使えるプレーね。

 

f:id:takicyu:20170410163549p:plain

 

細かく言うと

「ロングスロー」

ってやつ。

 

あ~

ロングスローね。

そんなの知ってるよ。

 

って

 

なった人いるかもしれなけど、

 

知ってるけど、

実際に出来ます?

 

これね。

最強です。

 

ただ、最強でも

必ずメリットとデメリットが

あるので、そこお伝えします。

 

 

ロングスローって何?

 

ロングスローってだいたい何メートルくらい飛べばロングか知ってます?

 

おおむね20~30mくらい以上先に投げる場合に使う。

 

なんで20~30mかというと

タッチライン(スローインする横の線)

からゴール前の距離がそれに当たるらしい。

 

ほほ~

それは知らなかったっす。

 

審判をされている人は

分かるかもね。

 

ロングスローの使い手がいる?

 

イングランドプレミアリーグ

ストーク・シティーでプレーしている

 

ロリー・デラップという選手なんですが、

まさにチームには救世主でした。

 

あだ名は

「人間発射台」。

 

いくらでも飛ばしそうな名前ですね。

 

そこまで

プレー自体はすごいわけではないが、

めちゃくちゃ飛ばす。

 

まあ

プレミアリーグの選手ですから、

最低限のレベルがないと厳しいですが。

 

 

しかも、

監督がロリー・デロップのロングスローに

目をつけて、長身やガタイの良い選手を集めて

フィジカル主体のチームスタイルに変えたくらい。

 

うらやましくないですか?

 

自分がチームの中心になるって。

 

常に影に隠れて生きてきた

私には夢ですね。

 

あなたも覚えればなれるかもしれないよ。

 

あの名将も絶賛。

 

同じプレミアリーグに所属してます

アーセナルベンゲル監督も悔しいコメントを残している

んですが、こんなコメント

 

「全くあのようなスローインは不公平だ。」

「対策の為に練習したいが、類似のボールの軌道を

作りだせる選手が存在しないんだ!!」

 

って負け惜しみのコメント残してるくらい。

 

相手の監督にここまで言わせる

特にベンゲル監督となれば、よっぽど相手に

とってはやっかいなはず。

 

だって

投げればセンターリングと同じで

なおさらデカイ相手がいるとなれば

たまったもんじゃないかと。

 

「もうやめて!」

 

ってなるよねきっと。

 

3つのメリットは?

 

1つ目

飛距離、速さもフリーキック並みだから

キーパーがキャッチしずらく、ヘディングで直接ゴールできる。

 

デラップの映像をみればわかりますが、低い弾道で

飛んできますから、これはやりにくい。

 

通常だと

飛ぶけど、山なりのボールになりがちですからね。

 

 

2つ目

だいたいこの辺かな?

って場所を予測できると

まだましだけど、

 

遠い所ところと近いところを

投げわけれるから、DFが的をしぼりづらい。

 

3つ目

スローインというのは、

FKと違ってオフサイドがないからから

味方はどこに居てもいい。

 

キーパーの前でもファールにならない程度に

邪魔ができるから、半端なくやっかい。

 

大きなメリットとしてこんな感じかな。

 

では次はデメリットで~す。

 

2つのデメリットは?

 

一つ目

どうしても

ヘディング勝負になってしまうから、

大きい選手がいないと辛い。

 

でも、

こぼれたボールを狙えるからチャンスには

なりやすい。

 

2つ目

よっぽど精度のいいボールを

投げないと単調な攻めになってしまう。

 

これくらいかな、

できないよりはできたほうが

チームにはメリットになるから、

ようは使いわけが大事かな。

 

ロングスロー投げるふりして

近い選手に投げたりすれば、

 

「何!?」

 

ってなって相手を

騙せるから。

 

用は、

武器をどういかすです。

 

そればっかりになっても

おもしろくないし、

見てる側からすれば、

やはり

流れの中からの得点が見たい。

 

あ、そうそう最大のデメリット忘れてた。

 

これを忘れてたら、

自分のブログの長所がなくなってしまう。

 

毎度おなじみ

 

ね。

 

うん

 

やっぱり一番大事なのはね。

 

去年?

今年っていうのかな?

全国高校サッカー選手権青森山田の「郷家選手」

が使っていたの覚えてる?

 

この選手も実は、

腰を痛めていた。

 

夏前には肩も脱臼していたみたいだし。

 

どうしても

身体をむちのように後ろにしならせるから

腰にかかる負担は大きいです。

 

腰を痛めた理由は、

シュート練習中に痛めたものらしいけど、

結局は疲労だよね。

 

ただ、腰を痛めたほうが得点につながったらしい。

 

それはね、

今までどうしても飛距離にこだわってきたから

精度が低かったけど、

無理しないようになって

余計な力が抜けた分、

良いボールが飛ぶようになったのかなと推測します。

 

勝手な見解ですけど~

 

簡単な練習方法。

 

簡単なストレッチとトレーニングの仕方としては、

 

 

・ストレッチ

 

 

f:id:takicyu:20170410162554p:plain

これね。

 

反る柔軟姿勢をつけるために行います。

時間は30秒を小分けにする。

やるときは無理せず少しずつやってね。

 

 

・トレーニング

 

としては、メディシンボールという

トレーニング用の重いボールがあるから、

それを投げる。

その後に普通のボールを投げると

すごく軽く感じるからそれをくり返すのが一番早いかな。

f:id:takicyu:20170410162755j:plain

必ず軽いのからにして

徐々に重くしていくこと。

 

 

 

 

これを見て

 

何か一つでも強みを見つけたい人にはおすすめ。

 

変わったプレーは目を引きやすいし、

マネできない。

 

それでもやりすぎには

注意してね。

痛めたら意味がないから。

 

ケアをしながら、習得してください。

 

takizawaseitai.com