サッカー好きな院長の腰痛ブログ あなたの腰が危険です。

サッカー好きな腰痛治療家が腰痛改善策を伝えるブログ

この筋肉をがうまく使えると、あなたのサッカースタイルが劇的に変化してしまうんです。

どうもです。

 

岩手県盛岡市滝沢市で唯一の「腰痛ヘルニア」専門の整骨院を営んでます

サッカー好きな院長の堀井です。

土下座で失礼いたします

f:id:takicyu:20170603130342j:plain

 

本日もブログをご覧いただきありがとうございます。

 

昨日は休日だったので、岩手県の水沢にある水沢公園というところに

行って桜を見物してきました。

 

ちょうど満開でしたんできれいでしたよ。

 

 

 

ところで、

フットボールネーションって漫画知ってますか?

 

サッカー好きなら

f:id:takicyu:20170421084243p:plain

一度は読んだことありますよね。

 

 

f:id:takicyu:20170421083817p:plain

この本読んでどう感じました?

 

「実際にこんなことできないし」

 

とか

 

「どうせ漫画でしょ」

 

って思ってませんか?

 

 

これサッカーがうまくなる秘訣がつまった本なんです。

 

あらすじ

だいたいのあらすじとしては、

今までの日本のサッカーの常識を覆す内容なんですが、

これができたら日本がワールドカップのベスト16の壁を越えれるんじゃ

ないかと個人では感じます。

 

チームが東京都のサッカーリーグ3部という低いところから

スタートするんですよ。

 

 

そのチームの全員が体の「ある部分」を

使ってプレーするんですが、

それが〇〇なんです。

 

ほぼ無名のチームが天皇杯という日本一を決める大会に出場して

Jリーグのチームを倒していくあらすじ。

 

 

〇〇を意識するだけで、サッカーがうまくなるお話し。

 

 

そんな事ができたら、わくわくしません?

 

 

ブレーキ筋とアクセル筋って知ってますか?

 

車で言うブレーキとアクセルなんですが、

筋肉にもそれってある。

 

 

それは、ブレーキ筋は 大腿四頭筋(ももの前)。

 

 

で、

 

 

アクセル筋は、ハムストリングス(もも裏)

 

にあたります。

 

 

ここ意識したことある人いるかな?

 

 

日本人はどちらかと言えば?

 

主に日本人は、「太ももの前」

の筋肉を使ってプレーしている。

 

 

それってブレーキ筋と言われていて、自分でスピードを落としているわけ。

 

 

そこをイメージするには、下り坂かな。

 

下り坂を降りる時って、スピードを落とさないと

勝手に走って降りていくでしょ?

 

 

でも、下る時は自分でスピードを抑えてるんですが、

その時力が入っているのが、「太ももの前」の筋肉なんです。

 

別にそれでも通用しているならいいですが、世界になると勝てない理由

がそこに隠されている。

 

 

そうなると、〇〇の正体は?

 

 

それは…

 

 

 

 

 

もうお分かりですよね。

 

 

 

最も意識するのは「太ももの裏」筋肉。

 

 

ハムストリングスと呼ばれているので、

ここからはハムストと省略されていただきます。

 

 

なぜハムストがアクセル筋かというと、

 

ハムストを使って足を後ろに引いてみてください。

 

その後に、後ろに引いた足を前に出そうとすると、

普通に歩くよりも歩幅が前に出る気がしません?

 

 

足を後ろに引くということは、

ハムストが縮みます。

 

そうなると、ももの前が伸びて、

伸びた筋肉は縮もうとするんで、

その分ストライドが大きくなる原理。

 

さらにハムストが使えるといいことづくめなんです。

 

1.下半身のインナーマッスルが使えて体のブレが少なくなることにより

  ボディーバランスが良くなり、当たられても倒れにくくなる。

 

2.姿勢が良くなり、視野が広くなる。

  

f:id:takicyu:20170421084515j:plain

 フットボールネーションより引用

 

画像を使うとこんな感じです。

 

 

では、どうすればそうなれるのか?

 

それは、歩く姿勢から変えていくことです。

 

常に歩く時に意識するのは、ハムストを使って歩くこと。

 

ただ、気にしながら生活するのは、けっこう大変です。

ちょっとすると、すっかり忘れてしまいますから。

 

現役の時にもこの本買って読んでいたんですが、

はっきり言ってよくわかんないんで、無視してたんですよ。

 

今にしてみれば、これを実践してトレーニングしていれば

もう少しはうまくなっていたんじゃないかな。

 

って期待を込めてあなたにご紹介させていただきました。

 

 

腰痛予防にも効果がある。

 

姿勢が良いということは、もちろん腰痛予防やケガの予防にもつながる。

身体が丸まった姿勢はどうしても腰にくるから。

 

 

ただ勘違いしないで欲しいのは、筋肉を鍛えればいいわけではない。

 

 

筋肉はないよりは、あった方がいいのは間違いないんですが、

「うまく使えてない」だけ。

 

 

ネイマールやフッキも筋トレってガンガンしてるんだけど、

その筋肉を使いこなしてるんだよね。

 

 

ぜひ、これは小さい若い年代の子に知って欲しいです。

 

 

伸びしろ十分ですから!

 

大人のあなたも、細かいテクニックばかりに目をむけず

もも裏の筋肉」が使えるようになれば、サッカーが最短で

うまくなるかもしれませんよ。

takizawaseitai.com