サッカー好きな院長の腰痛ブログ あなたの腰が危険です。

サッカー好きな腰痛治療家が腰痛改善策を伝えるブログ

サッカー選手もビビってる?エコノミークラス症候群を解決する3つの方法。

どうもです。

 

毎度おなじみ、サッカー好きな院長の堀井です。

 

本日もブログをご覧いただきありがとうございます。

 

f:id:takicyu:20170427015520p:plain

 

つい先日、飛行機に乗ったんですが、

 

いや~飛行機って

 

「腰」

 

痛くなりますよね。

f:id:takicyu:20170427001733p:plain

こそこそ隠れて自撮りしたんで、ブレが激しいのは

気にしないでください。

ちなみにサッカーボールの帽子も落ち合わせていなかったのが

非常に悔しい。

 

添乗員さんと一緒に写真撮りたかったよ。

 

 

せまいし、動けなくてけっこう大変。

 

たったの1時間くらいだったんですが、

筋肉が固まっていておじいちゃんみたいな感じでした。

 

あのフラットな椅子がまた私を苦しめた。

 

なかなか後ろの席の人に気を使って

 

 

「椅子倒していいですか?」

 

 

の一言が言えず一人で、もじもじしてました。笑

 

小心者なんです。

 

f:id:takicyu:20170427015806p:plain

 

これを何回も繰り返しているサッカー日本代表の選手って

すごいよ。

 

飛行機移動を何時間もしてきて

時差ボケもあるのに、この数日後に試合なんてありえません。

 

この長時間の移動をどうやって快適に過ごすかによって

試合のパフォーマンスが変わってくる。

 

 

ですが、

私が飛行機に乗っていつも気になることは

腰もですが、なんか足がむくんでる?感じがする。

 

女性の人に多いけど、むくみって苦しいんです。

 

 

何が言いたいか、

感が良いあなたならお気づきですよね?

 

 

そう。

これ。

 

 

 

 

 

 

サッカー選手に怖いもの。

 

それは、

 

 

 

エコノミークラス症候群」。

 

名前くらいは聞いたこと有ります?

 

何かって説明しますと、

長時間座っている姿勢で過ごしているために、血流の流れが悪くなり、

足の血管に血液の塊(血栓)ができてしまうもの。

 

できた血栓が、歩き始めた際に心臓や脳に飛んでいってしまうと、

最悪命に係わる危険もあるこわ~い病気です。

 

 

これによって苦労したサッカー選手を覚えてるかな?

 

元日本代表の高原直泰選手です。

 

2002年日韓ワールドカップの直前のポーランド遠征の帰りに、

発症。

 

その時絶対的エースだったにも関わらずワールドカップには出場できなかった。

 

気持ちを考えるとすげー悔しかったでしょうね。

だってワールドカップに出れなかったなんて悲しすぎます。

 

サッカー選手ならそのためにやってきているものですし。

 

このニュースをテレビで見た時はショックでした。

 

ですが、この四年後は体調を取り戻し

ドイツワールドカップに念願の出場を果たしています。

 

 

ただ、この当時は

エコノミークラス症候群」って何って感じだった。

 

今でこそ耳にしたりするけど、

まったくどんな病気かも知らなかったんです。

 

こうなってしまう原因は、

体質も

関係あるらしく

高原選手は普通の人よりも血栓が出来やすい体質だった。

 

 

でもね、

この時乗っていたのってエコノミークラスでは、

ビジネスクラス」で通常よりも、ゆとりのある席だったんです。

 

んじゃ

エコノミークラス症候群じゃないじゃん。

 

って思った人もいるよね。笑

 

五十肩が、

五十代の人にたくさん出る症状で、

何歳に起きても五十肩と呼ばれるのと同じで、

エコノミークラスみたいに狭いところで

起きやすいからって理由なんで。

 

そこはお気になさらずに。

 

 

狭いのが理由もあるけど、

どうしても試合で疲れると寝てしまうんで、寝ると何時間も身動きとったりしなくなる。

 

これが原因かと。

 

 

そこで、

予防するための3つの方法とは?

 

 

 

1.適度に運動

 

ふくらはぎの血液を停滞させないように、

足首の関節を上下に動かしのが効果的。

 

ただ、これだけでは不十分なんで、

1時間に1回くらいは立って歩くのがベストです。

 

 

 

 

 

2.水分を欠かさない

 

水分が足りなくなると、血液がドロドロになるんで

血栓ができやすくなる。

 

そうなる前に、こまめに水分補給をすることです。

一気に大量にとらずこまめにね。

 

ただ、飛行機の中ってどちらかと言えば、

コーヒーやお茶類がでるかな。

 

それには、利尿作用があって逆に水分が出てしまうので、

普通の水が1番おすすめです。

 

 

 

 

 

3.〇〇

 

最後の3つ目は、

先ほど席の話しをしたの覚えてるかな?

 

 

やはり席も狭いよりも、もちろん広い方が断然いいです。

 

だから、

 

 

 

 

「ファーストクラス」

に乗る。

 

です。

 

いやいやファーストクラスなんて一般人には、無理でしょ。

 

うん。

 

知ってる。

 

無理だよ。

 

 

ですから、この方法はお金持ち限定でお願いします。

 

 

元日本代表の中田英寿選手は自腹を切ってまで、

体調管理をするべく、ファーストクラスに乗っていたそうです。

 

 

一応サッカー協会から支給される、金額には

ビジネスクラスまでと規定があり

足りない分は自分で払っていた。

 

やはりできる選手はそこまで考えていたなんて

尊敬します。

 

中田さん。

 

 

でも、そこは選手の体調管理も考えて

サッカー協会がお金出しましょうよ。

 

 

それで大事な選手が試合に出れなくなったらどうすんのさ。

 

 

そう思いません?

 

 

ちなみに、

私は飛行機乗らないから関係ない。

って思っている人もいるでしょうが、

 

これって必ず飛行機に乗った人だけがなるわけではありません。

 

あなたにも

十分起こりえます。

 

 

 

何がって?

 

 

身近であれば、

デスクワークの仕事をしていてもなる危険があります。

 

 

すぐに立ったり動いたりできる状況でも

なぜか人って動かないですよね。

 

腰痛患者さんの中にも

「わかってはいるんですが、立つのを忘れてしまって」

 

 

「仕事が忙しくて」

 

って人います。

 

 

確かに十分お気持ちはわかりますよ。

 

 

お仕事は大変ですよね。

 

ですが、そのたった数十秒動いたりするだけで、

腰痛や病気も防げる。

 

 

その少しの意識変えてみませんか?

 

友だち追加

 ライン登録していただければ、

通常初回8000円が2回まで2980円で受けれます。

 

相談は無料です。

 

takizawaseitai.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じ経験したことある人いますかね?