サッカー好きな院長の腰痛ブログ あなたの腰が危険です。

サッカー好きな腰痛治療家が腰痛改善策を伝えるブログ

雪降ってるとオーバーヘッドキックしていたあの頃の「あるある」エピソード7選。

どうもです。

 

岩手県盛岡市滝沢市で唯一の「腰痛ヘルニア専門」の整骨院を営んでます

ビスマルク堀井です。

 

本日もブログをご覧いただきましてありがとうございます。

f:id:takicyu:20170619183741j:plain

 

ちなみにビスマルクはこの人です。

 

f:id:takicyu:20170619184347j:plain

あの人は今情報局 さんから引用

 

元ブラジル代表の有名人で、ゴールを決めた際にするパフォーマンス。

 

 

 

さて今日は、

サッカー選手もしくは、サッカーしていなくても

 

「え?」

 

「サッカーの現場ってこんなことあるんだ。」

 

と、

楽しめるサッカーならではの 「あるある」 をご紹介いたしますね。

 

f:id:takicyu:20170619183959j:plain

 

 

サッカー選手の立場から解説させていただきますので、

ぜひどうぞ。

 

1.女子が見ていると、なぜか急にリフティングしてアピールするやつ

 

 いるいる。

 サッカーしている人なら分かってもらえるけど、見られているとついつい

 カッコつけたくてやっちゃうんです。

 なぜか?

 

 それはやはり「モテたい」からでしょうね。

 

 正直ですよ、

 やったところで女子は俺のことなんて見てないんですけどね。

 

 

2.連帯責任でボーズのはずが、なぜか1人だけオシャレボーズにしてくる

 

 これ私の学校でもいたんですが、中途半端にスポーツ刈り?

 に近い髪してくるやつ。

 他から見たら、

 

 「明らかに違うでしょ。」

 

 と言われて、あげくの果てに先輩から五厘を命じられて

 やらなくても済んだ短さになる。

 

 五厘はあれですよ?

 

 サザエさんのカツオ君のヘアースタイルです。

 青々しい感じ。

 

 見てるこっちが切なくなるけど、

 自分のせいですからしょうがない。

 

3.キックが下手なキーパーの変わりにセンターバックが蹴る

 

 だいたいゴールキックはキーパーが蹴りますよね?

 

 

 ですが、小学生や中学生の時は、

 とりあえずボールを遠くに飛ばしたわけです。

 

 そうなると、

 中にはキックが遠くに蹴れない人もいる。

 

 それをわざわざセンターバックは、毎回毎回

 蹴ってあげる。

 

 センターバックは、日本代表の吉田マヤのポジションね。

 

 攻められてると

 何回も連続で続くんで、それだけで疲れるんです。

 

 これって見てる方からすると、

 

「サッカーで疲れてなくない?」

 

 と思うわけ。

 

 基本私は、それをボケーと眺めている立場だったんで

 大変だなー

 

 くらいにしか思わなかったけど、

 蹴ってる人にしてみれば良い迷惑ですよね。

 

 でもなぜか、

 高校生に成長すると

 お目にはかかれなくなるんですが。

 不思議でした。

 

 

4.ゴールを運ぶ時に、力をいれない

 

 そう。

 練習中にゴール運ぶ時があるんですが、決まって力を入れないで持とうと

 するやつがいるんです。

 

「これだけ人数いれば力いれなくてよくない?」

 

 と思ってしまいがち。

 

 ただ全員抜けばもちろん落ちてしまうから、その分の負担が

 他にかかって

 

「重いよ。力入れろよ。」

 

 と叫んでる人もいる。

 

 あとねー

 

 これは持ったことのある人しかわからないけど

 まったく力を入れなくても大丈夫な場所もある。

 

 本当は、大丈夫ではないんだよ?

 

 軽く支えるだけでいいから

 そこはいつも争奪戦。

 

 だいたいは

 普段から

 

「めんどくせー」

 

 が口癖の人がいる事実。

 

 

5.キーパーグローブの匂いをかがせてくる

 

 キーパーグローブの匂いをかいだ事ありますか?

 サッカー経験者しかないかもしれないけど

 

 

 あれって・・・

 キーパーには失礼だけど・・・

 

 すんげー臭いんだよ。。。

 

f:id:takicyu:20170619183935j:plain

 例えて言うなら

 ん~

 

 酸っぱい?

 

 が一番適切かな。

 

 

 

 「おえー」

 

 ってなるくらい。

 

 

 それをキーパーは面白がって

 匂いをかがせてくるわけです。

 

 それから逃げるのが定番の遊び。

 

 嫌がりながらも

 楽しんでました。

 

 今では、

 嗅ぐ機会もなくなりいい思い出ですね。

 

 

6.プレッシャーかけてくる時に「シュ、シュ」と言ってくる

 

 いたねー。

 ボールを持った時に、マークの選手がお決まりかのように言いながら

 寄ってくるんです。

 

 意味は謎のまま。

 

 当時は

「なんだこいつ。うぜー」

 

 と思っていたんですが、

 聞きなれてくると

 自分もやってしまっていた。。。

 

7.やたらキャプテン翼のマネをする

 

 えー

 お恥ずかしいんですが、これ私やってました。

 

ドライブシュートだ」

 

 や

 

タイガーショット

 

 と言いながらシュート打ってました。

 

 でもね、

 一ミリもそんな威力ないんだよ。

 

 あっさりキーパーにキャッチされてましたから。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

今回はサッカー現場でのあるあるをご紹介させていただきました。

 

こんな話しを患者さんとしながら治療しているんですが

 

「あーあったよねー」

 

と楽しく会話させていただいてます。

 

こんな会話をしながら

どうせなら楽しく腰痛治療しませんか?

 

腰痛でお困りであればどうぞ。

 

友だち追加

 ライン登録していただければ、

通常初回8000円が初回1980円で腰痛に特化した骨盤矯正受けれちゃいます。

 

お電話はこち

019-601-5520

 

 

takizawaseitai.com