サッカー好きな院長の腰痛ブログ あなたの腰が危険です。

サッカー好きな腰痛治療家が腰痛改善策を伝えるブログ

今までのスタイルを崩して若手を使ったハリルさんに脱帽です。岩手県の腰痛ヘルニア専門

f:id:takicyu:20170902185736j:plain

どうも。

 

岩手県で腰痛ヘルニア専門の整骨院をしています腰痛屋です。

 

いやー

 

日本がオーストラリアに勝利して

 

2018年ロシアワールドカップ出場を決めましたね。

 

 

おめでとう!!!

 

 

世界で4番目の速さだそうです。

 

 

試合前はどうなるのか

冷や冷やしていましたが、一安心。

 

そもそも一番ひやひやして見ていたのは

ハリル監督本人だったんじゃないのか?

 

という思いです。

 

それにして今回は、

メンバーが今までとは違いけっこう驚きました。

 

メンバーはこちら

 

GK 川島

 

DF 酒井

   昌子

   吉田

   長友

 

MF 長谷部

   山口

   井手口

 

FW 乾  

   大迫

   浅野

 

DFまでは、ほぼほぼ予想通りの展開でしたが

 

井手口と浅野の若手二人をこの大事な試合に起用するなんて

相当の勇気がいる決断だったはず。

f:id:takicyu:20170902185801j:plain

あの、本田、香川、岡崎を外してまで使うなんて・・・

 

乾は使ってくれて嬉しいけど♪

 

これで負けてたら、叩かれるどころではなく

 

確実に解任したんじゃないか?

 

 

ただ、その決断素晴らしいです。

 

 

ハリルさん以外の今までの監督であれば、

確実に本田や香川を使ったと思う。

 

なぜなら、それで負けても

まあこれで勝てないなら・・・

 

みたいな雰囲気になるけど、このメンバーで負けたら罵声の嵐。

 

正直、

今までのスタイルやメンバーを変えるのって怖いじゃないですか。

 

治療でもそうなんですが、

今まで積み重ねてきたものがある治療を

 

明日からまったく違う治療をします。

 

なんていわれても無理無理。

 

結果出るか分からないし。

 

今回は数人を入れ替えた程度ですが、

重要なピースを外していますからねー。

 

 

とりあえずは、

ワールドカップが決まったんでおめでとうって感じです。

 

 

ここからは、選手のお話しになるんですが、

一番期待していた

 

 

が活躍してくれました。

 

攻守で躍動してくれたんですが、

 

その中でも

 

今回は攻撃よりも守備の方がすごいよかった。

 

これは見ていた誰もが感じたことかと。

 

その理由して

乾の特徴としてドリブルが代名詞でして守備を頑張るイメージがあまりないんです。

 

ただ、この試合はキーパーにまでしつこくプレスをかけにいってたし

運動量が落ちなかった。

 

なんでかなー

って考えるとスペインのチームで日本人がプレーするには

守備ができないなんてまあ使ってもらえないでしょ。

 

それがスペインでプレーすることによって染み付いた結果。

 

この大一番でそれを全力でやってくれたことに感動しました。

 

 

私の日本代表の試合を見るこだわりなんですが、

 

日本でプレーしていた頃と海外でプレーするようになって

 

どんなプレースタイルに変わったのか?

 

ってことに注目します。

 

 

もちろん変わる選手もいれば変わらない選手もいますが、

 

特に多いのが日本では攻撃ばかりしていたのが、

守備の意識が強くなったこと

 

原口元気も以前に比べてそれが強くなった。

 

海外で生き残っていくには、アグレッシブさが必要になることで

必然的にそうなるのか。

 

 

そんな視点で見るのもけっこうおもろいよ。

 

これちょっとしたこだわりです。

f:id:takicyu:20170902185857j:plain

次はサウジアラビアと試合があります。

柴崎選手なんかスペインに行ってから試合にでてなかったんで

そこに注目するのもありです。

 

まさかあのクールな柴崎がこんなプレーを!?

 

なんてシーンが見られるかもしれませんよ。

 

 

ブログはサッカー

 

治療は腰痛

 

腰痛屋でした。

 

takizawaseitai.com