サッカー好きな院長の腰痛ブログ あなたの腰が危険です。

サッカー好きな腰痛治療家が腰痛改善策を伝えるブログ

新しいことを始めるのに「遅い」なんてこともないのかな。岩手県滝沢市の腰痛ヘルニア専門

どうも。

 

岩手県滝沢市で腰痛ヘルニア専門の整骨院を営んでます腰痛屋です。

 

私は治療家の一人なんですが、元々はサッカー選手。

 

別にプロでもなんでもないですがね。

 

きっと一生続けて行くと思っていた矢先の腰の故障によって障害スポーツを

たたれました。周りには私よりも年上なのに頑張っておられる方もいるわけで

シニアになると60歳くらいでもプレーされています。

 

 

それを見ると今までは、

 

別にサッカーもうやめたから後悔はない。

 

怪我だししょうがない。

 

と自分に言い聞かせていた面も正直にあります。

 

ですが、半面

 

「うらやましい」

 

とい気持ちも奥の方ではあることも認識している。

 

整骨院を経営しながら子供たちにサッカーを教えるのもありかな?

 

なぜ子供たちなのか?

 

それは、成長を見てみたい。これにつきます。

変な癖がついていない子供のころから指導することによってその子が

将来日本のサッカー界で活躍してくれればこんなにうれしいことはないですよね。

 

きっと指導者の方々は、そんな気持ちでやっているんだろうな。

 

と最近思い始めていたのですが、なかなか先に進むことができずに

宙ぶらりん。

 

 

 

サッカーに関わることを望んでいる自分もいますし、今さらなーなんて考えることも。

 

 

 

それでも、サッカーしたいなーと思っても身体のことを考えると

気がすすまない。

 

 

 そこで考えたのが、

 

 

「フリースタイル」

 

ならいけるんじゃない?

 

とパッと思いつきで調べてみた。

 

これは、リフティングといってボールを落とさずにポンポン

する競技でして、これなら出来そうだなと。

 

教えるのもありだけど、自分でボールを蹴る

 

ということもしたいんです。

 

 

フリースタイル会の日本で有名な徳田耕太郎さんという方いるんですが、

2012年の世界大会で日本人で初めて優勝したすんごい人なんです。

 

もしかしたら見たことあるかもしれないけど、

 

f:id:takicyu:20170914063403j:plain

旬の話題についてアレコレと語るブログさんから引用

 

 

 

 

f:id:takicyu:20170914063220j:plain

徳田さんのツイッターから引用

 

 

f:id:takicyu:20170914063114j:plain

 ジュニアサッカーを応援しようさんから引用

 

かっこいいです。

 

そして動画を見ていただければわかりますが

足やばい・・・

 

足技が苦手な私は見た瞬間やっぱ無理だよね・・・

 

と。

 

ちょっと院内でやってみた所

 

 

f:id:takicyu:20170914064158j:plain

 

f:id:takicyu:20170914064230j:plain

 

f:id:takicyu:20170914064252j:plain

 

オットセイか?

 

と言われんばかりの体勢・・・

 

 

これはね

ちょっとむずいね。

 

えー正直なめてました 笑

 

なんでもそうですが、

もの事ってうまくできた事ほど長続きしないよね?

 

出来ない事が少しずつでもできるようになって

達成感を味わったことによってさらにのめりこむ。

 

世の中は2択になってまして、

やり続ける人

 

すぐ諦める人。

 

当然すぐやめる人は、何やってもうまくいかないし

 

仕事も転々、整骨院も転々。

 

その根底にあるものとして

 

やっぱダメだよね。

 

ってこと。

 

そして、この年齢で新しいことを始めるの・・・

 

っていうめんどくささだったり

 

周りからの容赦ない反対。

 

今さら始めるの?無理でしょ。

 

 

新しいことは確かにめんどいよ。

 

うまくいかないし、

腹たつし労力も使います。

 

それでも、年とって新しいことを始めるってもありじゃないですか?

 

このブログも始めようかな。

 

と思った時も

 

本当にできんのか?

 

と不安でしたが、なんだかんだ100記事以上は書いてますし

さぼりながらも続いてます。

 

周りから良くそんなに書けますね。

 

と言われたりもしますが

 

「書いてみればいんじゃないですか?」

 

の答えに、やはり

 

いやーそんな書けないです。

 

でたーやってもないのに諦める人ー

 

まあだいたいこんなもんです。

 

 

やってみてダメだったら辞めればいいのに。

 

腰痛専門を始めたきっかけも

東北では〇〇専門の治療院というのは少なく

んじゃ腰得意だから、他と差別化するために始めようかな?

 

くらいの軽い気持ちでしたし。

 

そして患者さんにどうしてうち選んでもらったんですか?

 

には

 

腰専門だったんで。

 

ですよねー。

 

 

なんとなくでもやってみるのもありかなーって最近思いますよ。

 

少し練習したらフリースタイルの動画でもアップしますんで

見てください。

 

 

 

そういえば、腰痛くないですか?

 

腰痛なら腰痛専門に任せてよね。

 

ご予約はお電話で

019-601-5520

 

takizawaseitai.com